コンセプト

「自然の素材を生かすこと」「安らぎの空間をつくること」を心がけています

「自然の素材を生かすこと」「安らぎの空間をつくること」を心がけています

お庭はその家に住む人たちの日々の暮らしに、潤いと安らぎ、快適さや楽しみを与えるためのもの。
私たちはその空間づくりのお手伝いが出来ればと考えています。

『家』 と 『庭』 で 『家庭』大事にしているのは 「建家との調和」、「家の人の暮らし」です。

『家』 と 『庭』 で 『家庭』大事にしているのは 「建家との調和」、「家の人の暮らし」です。

「建家との調和」

洋風の家に和風の庭は合いませんし、その逆もありません。家との調和・バランスが大事で、私共では資材も植物も形状も、建物の色調に合わせて考え、選択しています。

H4002

「まだまだ子供に手がかかる」、「共働きで殆ど家にいない」、「思うように庭に手が掛けられなくなった」・・・。
逆に「とにもかくにもガーデニングが大好き」、「これからガーデニングを楽しみたい」。
それぞれの家によって、その暮らしぶりは様々。
私共では誰が、どの程度、どれくらいの頻度で、庭に手を掛けられるか。
その家の人たちと一緒に考えながら、最も生活スタイルに合った庭のかたちを提案しています。

Concept Img

適正価格を常に心がけています。料金だけにとらわれず、しっかりとした施工を常にを行っております。また、可能な限り岩手県内で作っているものを使用したり、工事に関しても下地をしっかりと掘ることで永くつきあえるお庭をお作りできます。

カーポートの下地工事の際でも、お客様に「こんなに掘るの?」と驚かれることもあります。下地からしっかり作らないと、雪の多い東北地方では年月とともに割れてくることが多いのです。このような基礎工事は小原建設のグループ会社として、裏打ちされた技術によるものでもあります。

見積の際、図面が無い家は全て測量します。仮に図面があっても高さなど寸法が合っているか確認します。

また、お客様の予算と使い勝手にあわせて様々な提案をさせて頂きます。

材料の種類も多種多様で、外構工事でも「アスファルト舗装」、「コンクリート舗装」、「インターロッキング舗装」などがあります。

ただしそれぞれメリット、デメリットがあり、アスファルトは安いが、ひびが入りやすい。カーポートの下など車がよく通るところは頑丈なコンクリートをお勧めします。また、コンクリートだと見た目に味気がないと思う方にはインターロッキングをお勧めしています。ただし隙間から草が生えてくることもあります。

アプローチ(歩く所)の場合、レンガ、石張り、タイル張りなどががあります。石張りとタイル張りは下にコンクリートで施工してから行うので、手間と時間が2倍かかります。

門回りなど外壁も家にあわせたものを提案させていただきます。
例えばレンガの家にレンガの外壁をつくると全体的に重くなってしまうため、塗り壁のものを提案させていただくこともございます。

予算、機能性、生活スタイルに合わせたご提案で、常にお客様に満足していただけるものを、そして、見る人に安らぎを与えてくれる、そんな空間づくりをめざしています。

トップへ戻る