イングリッシュガーデンの魅力

イングリッシュガーデンと聞いて、皆さんはどの庭を思い浮かべますか?

庭園 A
庭園 A
綺麗に形づくられ整えられたお庭
庭園 B
庭園 B
大自然のようなお庭
庭園 C
庭園 C
たくさんの草花が咲き乱れるお庭

実はどれもイギリスにある正真正銘の「イングリッシュガーデン」です。

一口にイングリッシュガーデンといっても、日本の庭園と同様に、実は様々な様式があります。(日本庭園の例: 浄土式庭園、枯山水式庭園、茶庭(露地)、大名庭(縮庭)など)
大きくは整形式庭園(フォーマルガーデン)と、非整形式庭園(インフォーマルガーデン)に分けられ、整形式庭園には「イタリア式庭園」、「フランス式庭園」、「ノットガーデン」などがあり、非整形式庭園には「ランドスケープガーデン」や、「イギリス式ナチュラルガーデン」などがあります。

それぞれの様式にはそれぞれの良さがあり、今でもイギリスの各地で見ることが出来るます。

日本の庭園と同様に、実は様々な様式がある

日本の庭園と同様に、実は様々な様式がある
飽くなきガーデニングへの情熱と努力 「手を掛けること」自体を楽しむ

留学中、暇さえあれば庭を見て回り、そこにおいて気づいたことはイングリッシュガーデンとは言わば、「飽くなきガーデニングへの情熱と努力」。
その家の人が、自分の手で、長い年月をかけて、自分の好みのものをつくりあげて行くこと。
手入れこそが全てで、業者は所詮、その手助けの一部でしかないのです。

実際イギリスにおいても、モミジやツツジ、ササやタケなどの日本的な植物を積極的に取り入れ、自分好みの庭を作り上げています。
洋風和風にこだわらず、情熱的にガーデニングをすることこそがイングリッシュガーデンの真髄であり、完成形を描きながら、「手を掛けること」自体を楽しむ、それがイギリスが造園界で世界の最先端にいる理由だと思います。

これはあなたのblogにおける最初のアイテムです。自由に削除していただいてかまいません。

トップへ戻る